• ホーム
  • 韓国のインフルエンザと治療薬の使用方法と重要性

韓国のインフルエンザと治療薬の使用方法と重要性

2019年12月13日

日本においても新型インフルエンザが季節性インフルエンザとして流行する事態が発生しました。
その影響を受けて、動物のインフルエンザに対する社会的な意識が高まっており、特に食用に飼育されている家畜が感染するというケースに対して敏感な状況ができています。

特に鳥が媒介する場合には海を越え、国境を越えてしまう可能性があることから、隣国での鳥インフルエンザの発生状況というのは目が離せなくなっています。
日本に最も近い国である韓国においても鳥インフルエンザが確認されて殺処分が発生するというケースが繰り返されており、日本国内よりも数多く報告されているという点が特徴です。
韓国と日本の間では鳥の行き来があるというのは想像に難くないことからも韓国で鳥由来の新型インフルエンザが出現すると、日本においても同様の新型が広がってしまう可能性が懸念しなければならないでしょう。
そういった観点から報道陣も常に注目を続けています。

鳥由来であるとはいえ、基本的にはA型のウイルスであることから、ほとんどの治療薬が有効であると期待できるのがせめてもの救いでしょう。
使用方法を正しくすれば一日程度は回復が早くなる治療薬が開発されており、作用メカニズムが異なるものもあることからたとえ一つの治療薬に耐性があったとしても治療に使用できるものがあるでしょう。
日本人にとってあまり馴染みのない吸入薬もあることから、その使用方法について慣れておくことも新型インフルエンザ対策として重要です。
症状が出てからすぐに使用を始めるという使用方法の基本は共通しており、それを実現するためには吸入に失敗しないように使用に慣れておくということが必要になるからです。